どのような心理学の応用科目を学べるか確認しておこう

心理学専攻がある大学は全国に多数ありますが、大学によって応用科目の種類やカリキュラム、教員の種類などに違いが見られるため、じっくりと自分に合うところを見つけることが大切です。たとえば、社会心理学や行動心理学などの人気のある科目だけでなく、犯罪心理学や性格心理学といった実務で役立つ分野までしっかりと学びたい人は、時間を掛けて複数の大学の入学資料やホームページなどをチェックしてみましょう。また、大学によっては心理学に関する複数のゼミナールを開講しているところもあるため、一つの心理学の分野を極めたい人は、興味のあるゼミナールの特徴について入学試験を受ける前に把握しておくのも良いでしょう。

卒業までに取れる資格の種類や学習方法を調べてみよう

心理学の専門知識や技術を生かして就職をしたい人は、大学で心理学を専攻するのはもちろんのこと、就職時に高く評価されやすい資格取得を目指すのもおすすめです。特に、認定心理士など教育現場や企業、自治体など様々な現場で役立つ資格取得に向けたサポートが行われている大学は、カウンセラーを志望する高校生の間で人気が高まっています。資格取得までにかかる期間は、それぞれの資格の種類によって大きな違いが見られるため、気になることがあれば受験生を対象とした大学の相談窓口に質問をしてみましょう。なお、大学を卒業した後に大学院で臨床心理士の資格を取得したい場合は、講義の他に実習や演習の機会も多くなるため、手厚い学習サポートがある大学を選ぶことが肝心です。

大学で何を学びたいか分からない人は、心理学の大学へ通うと良いでしょう。人の心理を読むことが可能となります。