自動車保険の補償額はいくらぐらいにしたらよいの?

自動車保険は、それぞれ保険のグレードによって補償額が存在しています。まず、対人賠償保険と対物賠償保険の保証金額はいくらにしたらよいかといった疑問もあるところですが、これは文句なしで無制限にした方がよいです。例えば、人に自動車が当たって運悪く亡くなってしまうこともあります。この場合には、慰謝料が1億円を超えることも少なくありません。この時無制限にしておけば、全額を保険で支払うことが可能になります。また、運転により看板やガードレールなどを壊してしまうことも考えられますが、この時には修理費用などが非常に高くなってしまうこともよくあります。それゆえ、対物賠償に関しても無制限にしておいた方がよいでしょう。

この点に関して、対物賠償は保証金額が無制限ではなく5000万円程度に設定することもできます。そうすると、保険金額が安くなるのも事実です。しかし、安くなるといってもひと月当たり数百円程度の違いしかありませんので、無制限にした方が無難と言えます。

車両保険をどのように考えたらよいか

車両保険を付けると自動車保険は高くなる傾向があります。ですが、車両保険は可能な限り入っておいた方がよいです。特に新車で購入した場合は、ドアを少しへこませただけで20万円ぐらいかかってしまうことが少なくありません。2センチぐらいへこんでいるだけでドアそのものを交換しなければならないからです。時速10キロメートルでコンクリートの壁などにぶつかっただけでも、交換しなければならないほどへこんでしまうことがよくあります。その点を考えれば、車両保険があれば安心と言えるでしょう。ただ、中古で購入した古い自動車の場合には車両保険に入れない可能性もありますので要注意です。

自動車保険には、対人や対物などの基本的な補償の他に、自損事故や風水害などに対応できるものも少なくありません。