通信制高校は全日制や定時制と何が違う?

通信制高校とは、通信による教育を行って高校卒業の資格を得る高校のことを言います。高校の教育課程は平日日中に登校する全日制、平日午後から夜間に登校する定時制、通信で教育を受け、月2回程度登校する通信制の3つがあります。いずれの教育課程も学校教育法で「修業年限は3年以上とする」と定められており、通信制高校でも3年以上在籍しなければ高校を卒業したとはみなされません。

通信制高校では主に単位制と言う、大学に似た方式を採用しているところがほとんどです。単位を修得するにはレポート、スクーリング、テストの3つを経る必要がありいわゆる授業として扱われるものがレポートです。毎日、自宅で教科書や学習書を参考にしながらレポート作成に取り組まなければなりません。スクーリングの内容や頻度は各校にて様々ですが、月2回から3回程度登校し、レポートについての質問や面接指導を行う時間が設けられています。そしてテストを受けて合格すれば、単位習得となります。この単位を3年以上で卒業要件単位に満たせば、高校卒業となります。

通信制高校のメリットとデメリット

通信制高校のメリットは、ほぼ自宅にいながらにして高校卒業資格が得られることです。通信制高校の生徒には、働いている人や主婦、不登校で通学困難である人など様々です。そのような方々にとっては、通信制高校の制度はうってつけです。その反面、デメリットとして学習意欲の維持が難しいことがあります。ほぼ自宅のため、クラスメートという概念がほとんどありません。また、急な用事でなかなかレポートに着手できない場合もあります。その時にどうやってモチベーションを維持するのかが難しいところです。

通信制高校を埼玉で探す場合には、気になる条件を明確にして調べることが大事です。一年間にかかる学費を比較したり、スクーリングの有無について確認したりすることがポイントです。