決済代行とはどのようなサービスでしょうか?

決済代行はクレジットカードによる支払いの方法を導入したい小売店と、クレジットカードを提供するカード会社の間に立って、クレジットカードの決済を代行するサービスです。決済代行に申し込むと小売店には専用の端末が設置され、これに顧客のカードを通すことで決済が可能になります。専用の端末は決済代行を行う企業とつながっており、企業ではそれぞれのカード会社とのやり取りを行って決済を行います。小売店から決済代行を経由してカード会社へという流れで、クレジットカードの決済手続きが行われるのです。

決済代行のメリットは?

クレジットカードには様々な種類のものがあり、利用するためにはそれぞれのカード会社との契約が必要になります。ただしその場合には複数の決済システムの設置が必要になり、さらに事務作業や売上金の管理などが煩雑になるため、小売店の負担が大きくなってしまうのです。決済代行であれば一つの決済システムで様々な種類のクレジットカードに対応できますし、事務作業や売上金の管理なども一元化することができます。小売店の負担を抑えながら、顧客の利便性を大きく高めることができるのです。

決済代行を利用する際の注意点は?

決済代行を利用する際の注意点としては、そのコストに注目してください。決済代行の料金については、初期費用・月額費用・決済手数料・オプション料金の4種類をチェックしましょう。カードの利用客が多い小売店の場合には決済手数料の安いサービスが有利になりますし、少ない場合には初期費用や月額費用が安いサービスが有利になります。顧客のカード利用状況に合わせた、最適な料金システムの決済代行を選ぶようにしましょう。

決済代行サービス会社一社と契約するだけで、カード払いやコンビニ後払いなどの決済方法の選択肢が増えて、利用者にとってもとても便利なサイトになります。